1. TOP
  2. 台風情報
  3. トロピカルサイクロン17 PAM バヌアツを直撃

トロピカルサイクロン17 PAM バヌアツを直撃

 2015/03/16 台風情報
この記事は約 2 分で読めます。 1,696 Views
トロピカルサイクロン17PAM

トロピカルサイクロン17PAMが大暴れしている
たまたま、次男がフィジーに留学中で現地の学校からのメールで情報を知った。
巨大なサイクロンが近づいているため家から外出しないようにという内容のメールだった。

サイクロン=低気圧トロピカルサイクロン=熱帯低気圧

最大風速が34ノット以上のものをいう。
34ノット・・・。
1ノット=0.514444444 m / s
単純に計算すると 風速17m/s以上の熱帯低気圧をさす。

台風やハリケーンとの違いは?

ひとつは場所の違い
日本でなじみが深い「台風」は北半球の東経100~180度で発生した熱帯低気圧
サイクロンはインド洋の東経100度より西、南太平洋で発生した熱帯低気圧
そしてハリケーンは太平洋の東経180度より東、大西洋で発生した熱帯低気圧

「PAM」は、サイクロンの強さを示す5段階の尺度で最も強い「カテゴリー5」
大風速が約89メートルの規模にまで発達していたという。
2014年日本を襲った台風で話題になったノグリーは最大風速が50m/sだったことから
考えると、89m/sというのは尋常じゃない事態だったことが想像される。

大きさによる呼び方の違い

日本の気象庁は最大風速が34kt以上の熱帯低気圧を「台風」
国際的には最大風速が64kt以上の熱帯低気圧を「タイフーン(typhoon)」と呼びます。

「バヌアツ」

今回サイクロンが直撃したバヌアツ共和国は南太平洋のシェパード諸島にある。
西にオーストラリア、北にソロモン諸島、東にフィジー、南にフランス海外領土のニューカレドニアがある。
イギリス連邦加盟国。人口24万人。「地球上で最も幸せな国」として知っている人も多い。
バヌアツ
南の小さな島での出来事だが
台風の巨大化が騒がれている昨今
今年もそのシーズンがすぐにやってくるので他人事では済まされない。

被害に遭われたみなさんに心からお見舞い申し上げます。
Tropical-Cyclone-Pam-developing-420x315
20150316
トロピカルサイクロン17PAM


\ SNSでシェアしよう! /

サーフトリップ!サーフィンは旅だ!の注目記事を受け取ろう

トロピカルサイクロン17PAM

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サーフトリップ!サーフィンは旅だ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

jsurf5

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2020年 台風第1号~ヴォンフォン~発生中!気になる進路は?

  • 来島禁止条例発令!!新型コロナウィルスによる医療崩壊阻止のために今できること。

  • 新型コロナウィルス雇用調整助成金について

  • 宮崎サーフトリップ【トラブル多発中?】 宮崎のローカリズム事情は?

関連記事

  • 台風3号~バービー~発生中!!

  • オヤジサーファー必見!!ここのところ体力の衰え感じていませんか?そんなオヤジのためのスグレモノグッズ発見!

  • 東台湾サーフトリップ!6月の波

  • 飲む日焼け止めが大流行?!「老化現象」や「癌」だけじゃない!サーファー的日焼け対処法とは?

  • え?29度?寒いの嫌いな人は第一候補にしてみては!春のサーフトリップ。季節は夏か?東台湾サーフトリップ!

  • カーチベイ~夏至南風~が吹いて梅雨明け!