1. TOP
  2. 爆弾低気圧が日本列島を襲う??2015年10月は台風ラッシュか?

爆弾低気圧が日本列島を襲う??2015年10月は台風ラッシュか?

 2015/10/01 台風情報
この記事は約 3 分で読めます。 72 Views
爆弾低気圧

台風21号は秒速81.1mという史上第4位の記録を作り、与那国島や台湾へ被害をもたらし熱帯低気圧となり収束。
かとおもいきや、今度は大陸から日本海で急速に発達して再度日本を襲撃する準備をしています。
1日2日と全国的に大荒れの天気になる可能性がありますので十分注意しましょう。

爆弾低気圧

それにしても、すごい天気図ですね。
明日の予想は954hpa 台風なみの気圧ですが、台風に戻ったりしません。
風も30m/sを超える暴風雨の天候になりますので十分注意しましょう!

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

爆弾低気圧
ばくだんていきあつ

急速に発達し、熱帯低気圧並みの風雨をもたらす温帯低気圧の通称。英語の呼称bomb cycloneを直訳した「爆弾低気圧」という名称が、マスコミ等で広く使われるが、日本では「爆弾」という表現に抵抗があることなどから、気象庁は「急速に発達する低気圧」と表現し、これを気象用語として用いている。
世界気象機関(WMO)による爆弾低気圧の定義では、低気圧の緯度を使った三角関数sin(サイン)を用い、24時間で24ヘクトパスカル(記号hPa)以上の中心気圧の低下がみられたものをさす。つまり、24時間に温帯低気圧が北緯60度にある場合は24ヘクトパスカル以上、日本付近にある場合は、15~20ヘクトパスカル以上の中心気圧の低下がみられる場合が、爆弾低気圧である。冬から春にかけての日本付近は、世界のなかでも爆弾低気圧の発生が多い地域である。台風などの熱帯低気圧は、たとえば1959年(昭和34)の台風第15号(伊勢湾台風)では24時間に91ヘクトパスカル発達するなど、全体の約1%は24時間に50ヘクトパスカル以上発達する。しかし、台風による暴風は台風の中心付近だけの激しい現象であり、防災対策は爆弾低気圧のほうがむずかしいといえる。
1970年1月30日から2月2日にかけて台湾付近で発生し北東進した低気圧は、日本海から東進した低気圧がいっしょになり、24時間に32ヘクトパスカルも気圧が下がるという爆弾低気圧となった。このため、東日本・北日本は猛烈な暴風雪や高波にみまわれ、死者・行方不明者25人などの被害が発生した。気象庁は、これを「昭和45年1月低気圧」と命名した。また、最低気圧の記録は、台風の通過によって観測されることが多いが、仙台市の967.1ヘクトパスカルはじめ東北地方の多くは、このときに最低気圧を記録している。
2012年(平成24)4月2日には、低気圧が急速に発達しながら日本海を東北東に進み、中心気圧は3日21時には964ヘクトパスカルと、24時間で42ヘクトパスカルも低くなるという爆弾低気圧になった。このため、和歌山市友ケ島(ともがしま)で最大風速32.2メートル(最大瞬間風速は41.9メートル)を観測するなど、西日本から北日本の広い範囲で記録的な暴風となり、海上は大時化(おおしけ)となった。この低気圧に伴う寒冷前線の通過により局地的に非常に激しい雨が降り、その後、寒気が南下して北日本では猛吹雪となった。暴風により、建物の下敷きになるなどで3名(4月3日時点)が死亡、重軽傷者多数、停電や交通機関の運休が相次いだ。<


ライター紹介 ライター一覧

jsurf5

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2017年GWサーフトリップは今がラストチャンス?

  • 強風で沖に流された大学生ら12人救助 寒冷前線通過に伴う強風に注意!!

  • 奄美大島サーフトリップ2017年シーズン真っ最中!この動画見たら行きたくなっちゃいます!!

  • 奄美大島の崎原集落に産業廃棄物の最終処分場は必要なのか??

関連記事

  • 台風第26号~インファ~発生中!今年最後にダブルか?

  • 台風4号メイサーク発生中!

  • 今年ラストの台風か?台風第23号~メアリー~発生中!

  • 台風28号 ニパルタック発生か??

  • 台風17号現在台湾に向かっています。そして台風18号チャバ そして台風19号アイレー発生か?台風シーズンのあとは?

  • 台風6号ノウルの奇跡