1. TOP
  2. 「一宮町の海岸を世界サーフィン保護区へ」構想の実現に向けて

「一宮町の海岸を世界サーフィン保護区へ」構想の実現に向けて

環境問題
この記事は約 3 分で読めます。 122 Views
一の宮世界サーフィン保護区

とても素晴らしい活動だと思いましたのでシェアさせていただきます!
世界サーフィン保護区になる活動を通して、日本のサーフィンの拠点がどんどん増えていくといいですね。
護岸工事や防潮堤は津波が来た時のために必要だったり、浸食防止には欠かせないことかもしれません。
しかし、長い歴史を振り返ると、まったく役に立ってなかったり、台風一発で壊れてしまったり、考えに考え抜いた結果という割には浸食は全く止まっていない港湾工事業者のための意味がない工事だったりしていますよね。

オリンピックに向け、みんなの意見を取り入れ、成功しているところの事例を研究し、島国ニッポンでつくりあげた新しい方法が海と陸を守る みたいなことが起きてもいいのではないでしょうか?

一宮の海岸環境を考える会・代表理事の小松直之です。

私は、まぶち昌也氏が提案する「一宮町の海岸を世界サーフィン保護区へ」構想を実現させるためには、個人や任意団体が主体となるより、一宮町の行政が主体となって進めて行くことが現状では最善策と考えました。
つまり、まぶち昌也氏が一宮町の町長となることで、行政のトップとして、一宮町の海岸を“世界サーフィン保護区”認定に向けた具体的にチャレンジが出来る大きな権限と責任を持つことができます。

サーファーのため、町のために、このような提案を公開して町長選挙に立候補した候補者が今までいましたでしょうか。
こうしたことから、一宮の海岸環境を考える会では「一宮町の海岸を世界サーフィン保護区へ」構想の実現に向けて、まぶち昌也氏を2016年5月一宮町町長選挙における推薦候補者に決定したことを、会員並びにサーファーの皆様へご報告申し上げます。

選挙に関する情報を有権者(政治団体以外の一般有権者や当会などの団体)が、メールで伝えることができないため、選挙に触れた内容を皆様へのメールに記載できなかった事、その為に本日ホームページでのご報告となりました事にご理解を頂くともに、是非会員の皆様には、自然を守るために、サーファーの為に、2016年5月15日投票日に向けて、こうした内容をできるだけ多くの方へ、ご紹介して頂けますように、そしてまぶち昌也氏を一宮町の町長に当選させて頂きたく、ご支援をお願い申し上げます。
一宮の海岸環境を考える会
代表理事
小松直之

オフィシャルサイト
http://www.ikaigan.com/
★twitter★
一宮町の海岸環境を考える会
https://twitter.com/ikaigan
★Facebook★新設しました!
一宮町海岸環境
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011829698727

一の宮


ライター紹介 ライター一覧

jsurf5

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2017年GWサーフトリップは今がラストチャンス?

  • 強風で沖に流された大学生ら12人救助 寒冷前線通過に伴う強風に注意!!

  • 奄美大島サーフトリップ2017年シーズン真っ最中!この動画見たら行きたくなっちゃいます!!

  • 奄美大島の崎原集落に産業廃棄物の最終処分場は必要なのか??

関連記事

  • 関東取水制限?? 台風も発生しない!このままだとどうなる??

  • 台風発生が発生しない!!水不足も深刻!7月以降に集中?

  • サンゴ白化現象が深刻に?ラニーニャ予測で受けて 米海洋大気局(NOAA)が発表!